zic0xFsf

「最低限」で「最高」

綱引きの実験で
面白いデータが出ました。

1対1で
綱引きをした時の
力の入れ方を
「100」
とすると

2対2で
綱引きをした時は
一人当たりの力が
「93」
に減少

3対3で
綱引きをした場合は
「85」

8対8で
綱引きをした場合はなんと
一人当たりの力が
「49」にまで減少した。

o0514048013689585659

・・・

集団になればなるほど

「他の人がなんとかしてくれるだろう」

という手抜きの心理が
無意識のうちに働いてしまう。

集団になると
一人当たりの作業能力が低下する。

これを
「リンゲルマン効果」

またの名を
「社会的手抜き」
と呼んでいます。

だから
お店でも余裕のシフトは
一人当たりの作業効率を
低下させる可能性がある。

だから
毎日毎日の積み重ねで
効率的なオペレーションを
磨き続けなければならない。

もちろん
効率化は度がすぎると
長期的に非効率になる。

料理の提供速度が落ちたり
お客様との会話が減ったりしたら
本末転倒な訳です。

一見
非効率に見えても
それが大切な価値観であれば
長期的に効率化に進む場合がある。

非効率なこと
これを大切にできる会社は
実はとても少ないです。

特に
人材育成なんかが
そうですよね。

すぐに数字に表れないし
すぐに人が育つわけでもない。

でも
人が育っていれば
会社は長期的に安定する。

無理をしてはいけません。

でも、

「ちょっと足りない」

これくらいがちょうどよく、

一人当たりの
最大のパフォーマンスを
出すことができるのです。

みんなの
隠されたパワーを
爆発させましょう。

「最低限」で「最高」

こんな状態を
目指していきましょう!

「「最低限」で「最高」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>