20150617041538

「できる人」が会社を滅ぼす

amazon go

行ってみたい。。。

・・・


・・・

アマゾンは
書籍などの
実店舗展開、

ショッピングモールに
400店の出店を年初に
計画していましたが、

さらに
今度はコンビニの
「amazon go」を始めると発表し
世の中を驚かせています。

コンビニの王者
セブン・イレブンからは
どう見えているのかな?

・・・

アマゾン・ゴーは
自動運転車に搭載されている
コンピューター・ビジョンや
センサーフュージョン、
ディープラーニング・アルゴリズムに
人工知能を駆使した最先端のコンビニ。

顧客は入店時に
同店のアプリを起動して
バーコードをスキャンして買い物をする。

買い物は商品を
自分のバッグに
そのままいれていくだけ。

商品バーコードを
スキャンする必要もなく、
レジに並んで会計もせず、
アプリ上の決済さえ不要。

商品を
持ったまま店を立ち去る
ウォークアウトだけ。

無数にあるカメラやセンサーで
顧客の動作を感知することで、
顧客の買い物をAI分析し、
自動的に顧客のアカウントに
課金するシステム。

客が商品を手に取って、
商品棚に戻しても自動的に
課金をキャンセルする。

店を出た後に
eレシートを顧客のアプリに
送付する仕組みだ。

・・・

これはすごいや。

でも
一部分では
元に戻った感じもするよね。

例えば
「レジに並ぶ」

これは
超アナログな
八百屋や魚屋には
もともとなかったもの。

八百屋さんには
現金のやりとりのみだから
並ぶストレスもない。

品数もない
クレジットカードもない
レジもない

ストレスだけを考えれば
八百屋もアマゾンGOも
変わらないかもね、笑

今となっては
中途半端な技術革新は
実はあまり便利じゃないのかも、笑

クレジット → 電子マネー
レジ → 人工知能

ここまでいけば
すごく便利だけどね。

例えば
ポスレジから
データを吸い上げて
エクセルの資料をつくる。

昔はこんな事は
やっていなかった。

ノートパソコン
ワードエクセルが増えて
パソコン作業は極端に
多くなったわけで、

仕事をしたつもリーマンも
増えた事でしょう。

パワポが出来て
プレゼン上手が出世
していったことでしょう。

エクセルデータを
綺麗につくれる人間や、

情報をまとめてさばく
情報処理能力があり人が
なんとなく仕事が出来るように
見えている事でしょう。

報告が早い人
提出期限を守る人

こんな人が
評価されているに違いない。

もちろんそれは
大切なことだけど

お各様に提供する価値(商品)をつくる事
儲けの仕組みをつくる事
企業文化を醸成する事

これらが
本来の仕事の価値です。

報告上手の方が
もちろん良いけれど
ごまかすのが上手なのと
近しい関係なわけですよね。

仕事をさばく人が
本部に沢山増えてしまうと
そのコストの負担になるのは
いつだってお客様。

会社の提出物の期限は
お客様に関係ありません。

「お客様のためになっている人」

こういう人が
評価されるべきですよね。

常に
会社はお客様の為にある、
という前提を文化にしないとね。

会社って
おもしろいよね。

5124T8UMGBL._SX338_BO1,204,203,200_

「「できる人」が会社を滅ぼす」への4件のフィードバック

  1. いつもブログを読むと自分はどうか?と省みます。
    まずは現場、お客様にもっと目を向け、大切にしていきます!

  2. 大久保さーん( ੭•͈ω•͈)੭
    天神1丁目店 大庭亜優奈です。

    お客様に寄り添う、細かい気配り
    極めていきます。
    というのも1月から、ホールデビュー
    決まりましたっ…!
    しかも大久保さんに会えるんで✩
    セミナー楽しみにしています!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>