434440_pcl

ハリネズミの概念


ハリネズミの概念とは

『ハリネズミとキツネ』

という古代ギリシャの
寓話から考えられた概念です。

ハリネズミ自体は
とても非力ですが
唯一の武器である全身のトゲで
強力な外敵からの攻撃に
打ち勝つことが出来ます。

これに伴い、
様々なスキルを
幅広く身に付けるよりも
ひとつの分野に精通することのほうが

結局のところ
ビジネスマンとして
長生き出来るという考えです。

器用貧乏ではなく
プロフェッショナルになれ
ということです。

分かりやすく言うと
一人のビジネスマンとして

「絶対に負けない強み」

を持てという事です。

その強みは
以下の3つの特徴を
すべて持ち合わせるもの
であるべきだと言われています。

1)情熱を持って取り組めるもの(好きなこと)
2)自分が世界一になれる部分であること(得意なこと)
3)経済的原動力になるもの(人の役に立つこと)

harinezumi

簡単にいうと
こういう事です。

20140821094035

1)やりたいと思う事
2)やれる事
3)求められている事

これら全てを
満たすものであれば
周りに圧倒的な差をつけれる
可能性が高くなるという事。

・・・

ほとんどの人間は
「自分の強みは何か?」
という事に悩んでいる。

そういう人に限って
自分の実力を客観視せず
「やりたい」事を優先してきた
可能性が高い。

やりたいという気持ちは
もちろん大切なんだけれど

やっぱり
ビジネスマンとして
権利を主張するだけでなく
義務も果たさないとね。

だから
林先生的にいうと

「やりたい事よりできる事」

これを
優先した人間が
最終的にチャンスをつかむ。

「自分のできる事が分からない」

こんな人もいます。

そんな人は
「求められている事」
これをやり続けて下さい。

もちろん
ただやるだけではなく
期待を超え続けて下さい。

求められている事は
できる事の可能性が高い。

求められている事
できる事

この2つを
継続していけば
本当の意味での

「やりたい」

が見つかると思います。

「やりたいことがない」

こんな人もいるけど

俺からしてみれば
できる事が何も無いのに
やりたい事ばかりを探して
人の期待を超えられない人に
そんなもん出来るわけねーじゃんって
心の中で思っています。

・・・

昔むかし
俺はどうやら
幼稚園の文集に
「サンタクロースになりたい」
とほざいていたらしい。

なんで
いきなりこんな話かというと

以前
熊本で会った人が何と
サンタクロース世界一だった、笑

スウェーデンで
毎年サンタの世界大会が
行われているらしい、笑

サンタの世界一が日本人って
なんだか驚きだ、笑

てか
大会がある事に
そもそも驚きだ。

俺にとってサンタは
心から本当にやりたい事ではなかった。

テレビを見て
アニメを見て

なんとなく
「やってみたい」程度のことだった。

よく
就活支援をしていて
「◯◯をやりたい」って
みんな言うけど

9割は
ドラマを見たとか
尊敬する人がそうだとか
兄弟がそうだからとかで
「憧れ」的な要素が強く

それはただ
「真似したい」だけで

「本当にやりたい」と

思っている人間は
一握りだと感じる。

サンタの世界一の人に
話を聞いてみると
別にサンタになりたいわけではなく
なんとなく参加したらしい。

そしたら
「できること」だったらしく
世界一になってしまい

そこから
毎年出場しているらしい。
(今は分からないが)

つまり
サンタは
やりたい事ではなく
できる事だったという事。

そうして
できる事を続ければ

人から賞賛され
給与も上がり

自然と
「やりたい」に
変わっていく。

結局なんだかんだ
余計なものは捨てて
それを極めるのが
成功への近道なんだろうなあ。

「ハリネズミの概念」への6件のフィードバック

  1. 大久保CEOがサンタになりたいと言っていたなんて、シンガ社としてはみんなにシェアせずにはいられません!(笑)おいしいネタありがとうございますw
    やりたいこと、できること、求められてること、私は固まってきました。アンバサダー、始動しますw

  2. お疲れ様です。
    カゴシマバンズの池井です。
    大久保さんのブログいつも読ませていただいております。
    ぜひ、バンズの皆様にも共有させていただきたい内容がたくさんあります!
    しかし、スマホやパソコンをお持ちでない方が大半ですので、
    印刷して皆様に共有させていただいてもよろしいでしょうか?

  3. 入社以来、仕事を始めて「できる」と思ったことがないですが、「やりたいことをやるために求められることだったので、やり続けたら、気づいたらできることが増えていた。」仕事に対してそんな感覚を持っています。
    できることが増えるのは楽しいです。
    やりたいことにどんどん近づくことはエキサイティングです!!!
    自分でやりたいと言って会社に入った以上、「できる」「求められる」を増やしていかなければという思いに駆られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>