IMG_1151

つなぐ

本日はこちらで
マネージャー研修。

 

img_59195_8

僕は
東京に住んでいる為

東京の研修では
マーケットの肌感を感じてるから
普通に話せるけど

都心とは
違う環境で働くみんなには
何を伝えるかは微妙に迷う事がある。

今回は
僕の研修を受講するのが
初めてのメンバーが多かったので
ワークを中心にすることにした。

しかも
パソコントラブルで
ほぼホワイトボードで
やるっていう。。。

バンズのみんな
次回はパソコンで
もっとすごいのやります。
約束します。

・・・

研修等の構成を考える時
僕は自分の好きな歌や
好きな映画と同じ構成にする。

冒頭に
クライマックスにつながる
ヒントのシーンがあり
終わり方がスカッと爽快な
映画が大好きだ。

歌も同じで
イントロが鮮やかで
サビでもガッカリしないメロディで
そして歌詞もしっかりしていて
終わり方が寂しくない曲。

クライマックス法ってやつね。

とにかく
一度目の研修で大切なことは

「研修に来ると成長できるかも」
「研修ってこんなに楽しいんだ」
「研修って意味があったんだ」

という
一言でいうと

「興味」

を持ってもらうこと。

これは
話し手として
一度目の講話で
超えなければいけない壁。

だから
一度目の研修は
ユニークさを大切にしている。
(ふざけるとは違うぞ◯徳君)

よく僕は
自転車の乗り方に
教育を例えるけれども、

まず
一番に大切なことは
子供が、

「自転車に乗りたい」


思わなければ
何もはじまらない。

これが正に
一度目の研修で
必要な事だと思う。

「楽しい事」

これは
特に現代の若い人に
振り向いてもらう為に
重要な要素である。

アンケートに
こんな事が書いてあった。

・・・

また新しい自分を発見できるような
研修を鹿児島でやって下さい。

・・・

出来る理由を考える
という言葉がしっくり来ました。

・・・

まだまだ大久保さんが伝えたい事の
半分しか受け取っていない気がします。
次回、その次と回数を重ねていただき
全てを受け取った時に自分にどう
変化があるのかを楽しみに毎日
頑張っていきたいと思います。

・・・

とまあ
僕というよりも
聞き手のマネージャーの
レベルが高かった、笑

今日のアンケートを見ると
最初の壁はクリアできたかな
とホッと一安心している。

ちなみに
カゴシマバンズの
ホームページを見ると、

・・・

株式会社
カゴシマバンズは
社名の由来である
「バンズ=繋ぐ」の通り
鹿児島県内の農林漁業生産者と
一般消費者をダイレクトにつなぎ、
鹿児島初の新たな価値を
創造することを目指して
鹿児島県産の地鶏「黒さつま鶏」の
一貫生産・販売、
並びに鹿児島県の豊富で多彩な
農水産物の流通と
情報発信を行なっております。

・・・

と書いてあります。

みなさん
社名の由来くらいは
知っていないとダメですよ。

ちなみに
カゴシマバンズの
名付け親は順子さん。

(順子さん誕生日
おめでとうございます)

店舗のみんなよ
こんな繋がりがある事を忘れず
しっかりとバトンの最終ランナーとして
食のあるべき姿を体現しましょう。

生産者さんだけでなく
加工センターのメンバーも
アツいぜよ!

バンズも店舗も
もっと深い関わりを持って

目指せ
ALL WIN!

・・・

あ、
社内報のバトンも
しっかりみんな読んでるみたい。

バトンチーム頑張ってね。

「つなぐ」への5件のフィードバック

  1. 11日から宮崎研修に行かせていただき
    先程東京へ帰ってきました。

    カゴシマバンズのメンバー、アツいですね!!
    宮崎の加工センターのメンバーも
    想像以上に激アツでした。。

    1次産業、2次産業の人たちの想いのバトンを
    3次産業の私たちがしっかりと受け取って
    それをしっかりとお客様に繋いでいくことの
    責任を重く感じました。

    今回の研修で感じたことを
    しっかり胸にきざんで
    食のあるべき姿 体現します!

  2. 僕としてもユニークにしようと頑張っているつもりです!!
    が、頑張りが足りなくてフザケているって言われますが!

    いろんな人達と関わり合って仕事ができていることを
    感謝しながら、ユニークに頑張ります!!

  3. 大久保さん、お誕生日おめでとうございます。
    大久保さんに出逢えた事に感謝しております。
    また仮装大賞いきます!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>