IMG_0507

人間の目線

こんちには
みさなん おんげき ですか?
わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の
ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき
その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる
という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

・・・

みなさん
きちんと読めましたか?笑

よく見ると
文字の順番は
メチャクチャですけど

なぜだか
きちんと読めますよね?

正しくはこちらです。

・・・

「こんにちは、
皆さんお元気ですか?
私は元気です。
この文章はイギリスの
ケンブリッジ大学の研究の結果。
人間は文字を認識する時、
その最初と最後の文字さえ合っていれば
順番はめちゃくちゃでもちゃんと読める
という研究に基づいて、
わざと文字の順番を入れ替えてあります。
どうです?ちゃんと読めちゃうでしょ?
ちゃんと読めたら反応よろしく。」

という文章です。

・・・

人間は文字の

「最初と最後」

さえ認識できれば
間の文字がメチャクチャでも
読めてしまうそうです。

「最初と最後」

これが
人間の目線の
重要なキーワードだとすると

「ランチの値付け」

にも応用できるはず。

つまり
人間は最初と最後を見て文字を
判断する人が多いという事は

198円は
「1■8円」

210円は
「2■0円」と見る訳だ。

間に入る文字さえ見なければ、
大分値段が違うような気がする。

冷静に考えれば
2つはそんなに大差無くて

198円は
ほぼ200円じゃないかと
気付く訳なのだが、

上に書いた通り
人間はパッと見で
「最初と最後」しか見ない。

だから
100円台と200円台は
心理的に大分変わるって
いうことなのかもしれない。

・・・

ランチをしていると
この値付け=客単価が
客数につながることを
すごく感じる。

一生懸命考えて
値付けのセンスを
もっと磨こう。

天王洲にいる
「Gメン」というポジションが
その値段の決定を左右する。

「人間の目線」への6件のフィードバック

  1. おくぼおさん
    ばなかたしわにも
    よまめした!わら

    もっともっと視野広くもって
    勉強します!

  2. お疲れ様です。

    ランチの分析、より精度をあげて、
    お客様の注文の変化に
    一早く気付けるように
    視野を広げていきます。

  3. このじけっん ともておしもろかったです!

    なやごのわたしも がんりばます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>