944003_961097593986180_1677581418002427498_n

出来る理由

トップは
入社式の写真です。

良い写真です。

入社式というのは
身が引き締まりますね。

順子さんの話
とても良かったですね。
(もちろん他の方々も)

今日の都内は
さくらが満開です。

最高です。
(最高の漢字を間違えないように注意)

・・・

さて
本題です。

とある
採用媒体の
業者様に聞いたのだが
驚いたので報告です。

ある
アンケートによると
小売店、飲食店に
応募するアルバイトさんの5割が
面接前に店舗を訪れるらしい。

・・・
5割ですよ?

驚きの数字ですよね。

店舗の人材不足を解消するには

・応募を増やす
・離職を減らす

この
どちらかしかないわけなのですが、

5割のアルバイトが
事前に視察している事を踏まえると

結局の所

「いいお店をつくる」

ことが
人材不足解消に
最も有効な対策なわけなんですね。

ツカラボも
この発想から来ています。

僕が店長の時に
意識していた事は

「離職率を適正に保つ事」

離職0が
良いとは限らない。

採用の面接が
完璧なお店であれば
離職0が良いのですが、

僕は当時
面接が下手くそだったので
たくさん採用ミスをしました。

だから
多少の離職もあったし、

その失敗があったから

「どうやって分かってもらおう?」


人材育成や
自分の伝達力に対して
努力した事を覚えています。

不完全な所があるから
それを解決するために
自分が成長するんですよね。

ツカラボも元々は
「最大の戦力の大学三年生の離職」
という悩みと

「卒業しても役に立つ研修」
という想像から

その二つを解決するC案として
取組む事にしました。

そして結果、
アルバイト在籍期間が
1.87倍になり、

採用コストは
30%削減する事が出来ました。

・・・

「そんな事を考える暇もない位足りない」

こんな
現状のお店の店長も
いるかもしれません。

でも
どこかで決断をして
行動をしていかないと
いつまでたっても変わりません。

人が足りない
少子高齢化
オーバーストア

出来ない理由を探したら
いくらでも見つかります。

常に
我々のやるべき事は

「出来る理由」を考える事。


目の前の環境で
常に期待を超えた仕事をする。

それが
プロフェッショナルです。

行動だけが現実を変える。

「出来る理由」への4件のフィードバック

  1. 早速田久さんから「できない理由を言うな」と喝を入れて頂きました…
    逃げるのは簡単だけど考えて考えて挑戦すれば必ず何か得られる!ウルトラC案がポンポン出ちゃう頭つくりますっ笑

  2. おつかれさまです。
    思い返してみましたが
    私も塚田の前に
    アルバイトしていたお店は
    面接前にそのお店の雰囲気を味わいに
    覆面じゃないですけど食べに行ったの
    思い出しました…!

    過去の私がそうだったように
    いつどこで見られているかなんて
    わからないので
    常に誰かに見られているという
    意識を持って行動し
    できる理由しか考えず
    目の前の仕事を
    的確にこなしていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>