index

かぼちゃ

一年で最も
「かぼちゃ」が主役になる日。

そして
仮装をして
もう一人の自分になる日?笑

そう
ハッピーハロウィン。

元旦
クリスマス
バレンタイン

これらに次いで
町の空気が変わるイベント。

この町に流れる
浮かれた空気が
とても面白い。

クリスマスのように
全国的なイベントには
まだまだなっていないものの
ここ5年でマーケットがかなり
大きくなった気がする。

仕掛人は誰だ?

気になったので
少し調べてみた。

その前に
ハロウィンの歴史を
調べてみた。

—————–

・ハロウィンの語源

「諸聖人の祝日の前夜」
「All Hallow’s Even」が短縮された
「Halloween」。

・ハロウィンの由来

古代ケルト人の
「秋の収穫感謝祭」に
起源があるといわれる。

もしくは
ケルト人にとっての
「大晦日」の様な行事という説もある。

ケルト人にとって一年は
「夏」と「冬」の二つの季節しか存在せず
夏の終わりが年の終りとなっていました。

その年の終わりが
十月三十一日であり、
次の十一月一日が新しい
一年の始まりとなる。

・・・

この夜に
死者の霊が親族を訪ねたり
悪霊が降りて作物を荒らすと
信じられていた。

そこから、
秋の収穫を祝い悪霊を追い出す
祭りが行われるようになり、
キリスト教に取り入れられて、
現在のハロウィンの行事となった。

あのかぼちゃは
死者の霊を導いたり
悪霊を追い払ったりするための
焚き火に由来するといわれ

お盆の
「迎え火」や「送り火」に近い。

お守りだね。

だから
日本のお盆とも言えるね。

じゃあ
なんでかぼちゃなのか?

この風習はもともと
イギリス地方で始まったそう、
最初はカブの中身をくり抜いて
提灯にしたそうです。

カボチャになったのは
ハロウィンがアメリカに
渡ってからだそうな。

理由は、
アメリカではカボチャが
たくさんあったから。

ちなみに、
アイルランドでは今でも
カブを使っているそう。

ハロウィンでは
仮装した子供たちが

「Trick or treat!」
(お菓子をくれないといたずらするぞ)

と言って
近所の家からお菓子を貰う由来は
農民が祭り用の食料を貰って
歩いた様を真似たものといわれる。

—————–

だそうだ。

そして
いよいよ本題だが、

日本に流行りだしたのは
一体いつからで、

日本でハロウィンを
仕掛けたのは誰なんだ?

・・・

調べてみると
きました火付け役はやはり

「ディズニーランド」

1997年10月31日に
園内に仮装した入園者が集まる

「ディズニー・ハッピーハロウィーン」

というイベント開催。

2000年10月31日には
400名の仮装した入園者と
ディズニーのキャラクターが
園内をパレードする

「Happy Halloween Twilight Parade」

が開催されました。

1997年から始めた
ハロウィンイベントがヒットし
次第に規模も認知度も高まり
秋のイベントとして恒例化していった
と言われています。

ちなみに
日本初のハロウィンイベントは

1983年
原宿にあるキディランドで
日本初のハロウィンパレードが
行われましたと言われている。

ちなみに
キディランドは
サンリオを中心に色んなキャラクターの
雑貨が売られているお店です。
(知ってるよね)

そして
ディズニーが火付け役になり

色んなお菓子メーカーが
CMだどを打ち出し徐々に
浸透してきたってことか。

・・・

考えてみれば

グローバル化による
子供の英語教育とか

クリスマスなど
外国文化を受け入れる国だし

年間行事を重んじる国民性だし

コスプレの文化もある、笑

日本人にも
はまっていたのかもね。

それに
あまりイベントのない
9月10月に街に活気が出るのは
本当にいい事だね。

みなさん
年末までのつなぎに
みなさん楽しんでください!

ハッピーハロウィン!

「かぼちゃ」への4件のフィードバック

  1. 大久保さんお疲れ様です。
    毎回ブログを、楽しみに読ませて頂いています。大変勉強になり、ワクワクしております。

    ハロウィンのイベントは今年は去年比と比較しまして、約1.6倍の経済効果を生んだそうです。

    かなりイベンター、オーガナイザーが仕掛けているのて、来年はユニオンハーバーでもハロウィンは仕掛けていきたいと思っております。

  2. ハロウィンからクリスマスまでのつなぎは
    私の誕生日(12/2)で活気づけましょう〜⤴︎笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>