IMG_6543

比較優位

みなさんの
得意技は何ですか?

「私は人から劣っている」
「私には特技が無い」

という
自分に自信のない人もいれば

自分の特技を
自覚している人も
いるかもしれませんね。

ちなみに僕の長所は
アキラ先輩を注意して
見てもらえば分かると思います。

今日はそれに関係する
経済学の「比較優位」という
言葉を振り返ってみましょう。

【比較優位】

自分が働くとき
他人に比べて優れた
技能を持たなくても、

自分がもつ技能の中で
相対的に優れたものを見つければ
誰でも大きな価値を生める。

これが
「比較優位」の教えです。

・・・

バスケットボール界の
神様と呼ばれたマイケル・ジョーダン。

類まれな運動能力で
数々の記録を打ち立てた
NBA史上最高の選手の一人。

そんな彼がある日
世間を騒がせた。

彼が30歳のとき
突然引退し野球の
メジャーリーグを
目指したのだ。

野球でも
運動能力を発揮した
ジョーダンだったが、

2年間の挑戦で
メジャー昇格は叶わず
再びNBAに復帰。

更なる伝説を
つくることになる。

やはり
ジョーダンの比較優位は
野球ではなくバスケットにあった。

・・・

自分に出来る事
自分には出来ない事

自分がやりたい事
自分がやりたくない事

色んな組み合わせがあるけど

自分に出来る事と
自分がやりたくない事が

一致した場合はどうしますか?

やりたくないけど成功出来る

もしくは逆に
自分に出来ない事が
自分のやりたいことだったら?

死ぬ気で努力して
長い年月をかけて
元々才能のある人に
挑戦する事ももちろん
素晴らしい事です。

センス、努力、環境

才能が開花するのには
あらゆる要素が重なり合う。

だから
自分の比較優位を発揮するため
自分の強みを活かすため

そして
採用の開花させるのに
最も重要な能力の一つに

「自分を客観視する能力」

がとても
大切だと感じる。

自分という人間の長所短所
自分が普段いる環境

などを
しっかりと管理出来て
小さな挑戦でもいいから
積み重ねていく人には強さを感じる。

能力や知識に差があろうと、
誰にでも比較優位はある。

しかし、
その比較優位を自分で
知ることは意外と難しい。

実際に色々
挑戦してみないと
わからない。

しかも
挑戦といっても
中途半端じゃ意味が無い。

・・・

ちなみに
自分を見つめ直すために
簡単な方法がある。

それは
「自分以上の人間と触れる」
ことだと感じている。

「一流に触れる」
とでも表現出来るかな?

今回の
天王洲アイル

そんな
環境に出来たらと思う。

もちろん自店でも
成長していると思うが

自分のお店では
見えなかった角度から
成長してもらいたい。

自分自身
そんな環境が用意出来る様な
上司になりたいと切に願う。

・・・

そして最後に
自分の比較優位が
明確でない方。

簡単に自分の比較優位を
見つける方法があります。

自分の強みを
見つける方法とは?

「他人から頼られる」
「他人から必要とされる」

そんな瞬間があれば
それはあなたの強みです。

人から頼られない
人から必要とされない

そう感じている人がもしいたら

目の前の仕事を
一生懸命やってみて下さい。

半端じゃなく一生懸命にです。

そうすれば
必ず人から必要とされる
何かの芽が出て来ると思います。

これをお店に置き換え
お店での自分の比較優位は
なんですか?

こう
自問自答してみて下さい。

そこを考えながら
仕事をすると面白くなる。

接客
声の大きさ
バッシング
料理クオリティ
スピード

なんでもOK。

比較優位を見つけて
楽しく働いてね。

写真:あ、ハンディ覚えなきゃ

「比較優位」への2件のフィードバック

  1. 大久保さんも、川端さんも、大里さんも
    私が出会ってきた上司はほんとに素敵な方ばかりだから
    今も、2年たっても楽しく働けるのだと改めて思います!

    これからも勘違いとプラス思考紙一重でがんばります〜!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>