IMG_8554

ライセンシング

「病気になりたくない」

誰もがそう思っている。

僕自身
自分が病気になるとは
全くイメージが出来ないんだけど

実は少しだけ
スポーツをやっていたのもあり
体に気を使っている。

主な取組みとしては

・運動をする
・しっかり寝る
・朝ご飯は食べない
・野菜を意識して食べる
・空気の良い所にたまに行く

これ位、
意外と少ないか。。。

そんな
しょぼい知識で
健康に気を使っている中で
なんだか自分が矛盾する行動を
している事に気付いたので

少し調べてみた。

・・・

その矛盾とはなにか?

・・・

それは

・・・

「昼間野菜食ったから
 夜はラーメン食べても大丈夫でしょ」

とか

「昨日あんだけ寝たから
 今日は寝なくて大丈夫でしょ」

他にも

「ランチ健康的だったから
 セブンでエクレア買おうっと」

的な

健康に気を使った後に
不健康な事をする自分を
許してしまうという矛盾である。

・・・

なんか

「いや〜朝昼食べてないから
 夜暴飲暴食で太らないっしょ」

みたいな
間違った事を肯定する感じが
半端じゃなく頻繁に起こるんだよね。

これって
なんなんだろう?

しかも
世間的に体に良いと
言われているものを
食べれば食べるほど

その後
無茶しちゃうんだよな。

・・・

こうした現象を
消費者心理学では

「モラル・ライセンシング」

と呼ぶそうだ。

これは
「いいことをした後自分に甘くなる」
という作用です。

上記に書いた様な事ね。

でも実はこれは
「いいことをした」時だけでなく
「頑張った」後にも起こるんです。

「今日は頑張ったから、
 明日はサボってもいいや」

というようなものだね。

身に覚えがある人も多いでしょ?

一体これは
どうして起こるのでしょうか?

一説によると
「脳みそを休ませるため」
に起こるそうです。

大別すると
脳は二つあり、

「新皮質」→理性
「辺縁系」→本能

を担当しています。

脳も臓器の一つなので
使うと消耗し疲れます。

だから
休ませる必要があるんですね。

「いいこと」
「努力」をすると、
新皮質を使っているので、
それを休ませたくなる、

だから逆に、
その後では理性を使わない
本能的な行動に出てしまう
というわけです。

・・・

脳の問題なので
簡単には治らないのですが

まず
これを解決するために

新皮質を
鍛える事が重要なので
「理性的な行動」を日頃から
意識してすること。

そうすれば
新皮質が鍛えられ
誘惑に負けない強い
脳みそになっていきます。

内容は何でもいいです。

例えば
深夜の赤信号を
あえて我慢するとか、笑

「何をしたか」ではなく
「自分の行動をコントロールしたか」

が大事なので
コントロールさえしていれば
何でもいいのです。

あとは
とても簡単な事なのだけど、

「いいことをしたなー」

とか思っている時点で
若干偽善だよね?笑

もちろん
やらないよりは
全然いいんだけれど

「あ、挨拶しなきゃ」

と思ってから挨拶をする人と

自然に瞬発的に
「おはようございます!」
という挨拶では印象が違うよね。

なので
「挨拶が自然に出る」位まで
体の中に染み付ける事。

つまり
そういった善行と呼ばれる行為を
身体化していれば新皮質は疲れない。

習慣化する事が大切という意味。

習慣化するために
とても大切なことは

「なぜ挨拶をするのか」

という問いに対しての目的を
自分の中にいかに落し込むか
が大切だという事。

「いいことしたな」

と考えると

「こんくらいいいか」的な
自己正当化がはじまっていく。

つまり
善行の直後は
モラルの低下した行動を
してしまう怖れがある、

という事を知り
用心しておく事が
一番の防御策だろう。

「環境に気を使う」ということが
「ちょっと善いこと」ではなく

自分の中で
当たり前のこととなれば、

その度に
「善いことをした」と
気がゆるむこともなくなる。

みんな
使っていない部屋の電気を消したり、

ペットボトルをリサイクル用の
専用ゴミ箱に捨てるたびに

「善いことしたぜ!」

と達成感を
感じる人はいないでしょ?

そこまで
持っていきなはれ。

お店でも
「当たり前の基準を上げる」
これが大切なんだ。

スタッフが無意識に
出来る仕事のレベルを
どこまで高められるのか?

その
当たり前の基準が
高い環境であれば

それは
そのお店の「文化」となる。

強い組織力が生まれ
何が起きても動じない
協力な一枚岩となる。

「これくらいでいいか」

と現状に満足する人は

「自分はここまでしてあげた」

という
ホスピタリティと真逆の
メンタリティを持っている。

サービスに限界はない。

限られた時間の中で
「どこまで満足してもらえるか?」
これを追求する事が大切。

常連さんが来た時点で
あなたの脳みそには

「いいサービスが出来たから
 もう一度来てくれたんだ」

という
モラルライセンシングを
働かせてはいけない。

まず
再来店頂いた事に感謝し

再来店した瞬間に
次回再来店して頂く事を
考えなくてはいけない。

だから
意識を習慣づけるために

「いかに来て頂くかではなく
 いかに帰って頂くか」

これを
全員染み付けよう。

リピートしてくれたから
気を緩めていいわけじゃない。

朝昼ダイエットに
気を使ったからって
夜気を抜いていいわけではない。

運動したから
ビールが許されるわけじゃない。

でもさ
それがストレス発散
だったりするんだよね、笑

だから
堅苦しく考えず
そういう作用があるから

自己成長のために
意識するだけしてみてください。

お店の基準を高く高く!

写真:先日の深夜2時

「ライセンシング」への4件のフィードバック

  1. 前に大久保さん食生活の話をされてびっくりした事を思い出しました!!朝食は取らない話を!!

    このライセンシングの話に関して、2年前まではダイエットした際に食べる事を毎日我慢して、新皮質が鍛えられてダイエットに成功して、ナイスバディーを手に入れました!!

    今の自分は辺縁系が鍛えられて、2年前から10キロ太りました。。

    新皮系を育成します!

  2. 朝昼食べない
    夜超本気で食べる

    に変えたら2ヶ月8キロ痩せました。

    多分朝昼全力で食べてたから法則にはまらないと思いますが笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>