12033558_921925967893318_1751640566_n

塚田農場体験ラボ

エーピーでは
大学三年生を対象にした

「塚田農場キャリアラボ」(通称ツカラボ)

を研修も兼ねて実施している。

以下ツカラボの
簡単な紹介文。
—————–
就活生を対象とした
就活支援プロジェクト。
月1の就活支援セミナーや
キャリアカウンセリング、
合同企業説明会などを実施。
時代を読み解き、就活市場の
構造から解説していきます。
“答えは教えない”“自ら考える”
“人格を磨くための学習機会の提供”
を理念とし、自己理解と企業理解を通じて
自分なりの正解を導くことをサポート。
思考力・コミュニケーション能力
を育みます。
—————–

そして今期より
塚田農場体験ラボという
新しい取組みをはじめた。

体験ラボとは
—————–
エーピーカンパニーの
アルバイト学生を対象に、
就活前の低学年から参加が可能。
自分の価値観と社会での
役割について学ぶための、
一次産業のフィールドワークプログラム。
文化の伝承と技術革新、
それを為し得た生産者の熱量に触れながら
情報発信や課題解決を通じて
地域活性化に貢献し、
「自分の人生をどう生きるのか?」、
「何のためにどんな仕事をするのか?」
という問いに、「自分の言葉」で解答できる
学生を増やすことを目的としています。
—————–

ということです。

・・・

こんな様子です。

12006724_921668947919020_1310655560_o

そして今日は
宮崎にて体験ラボの振り返り。

写真はフィードバックの様子。

平野に聞いたけど
俺が帰った後、悔し泣き
していたらしい。。。

IMG_8435

悔し泣きするなんて
そうそうないことだから
とても貴重な体験だし
本気な証拠だよな。

いやあ
体験ラボならでは。

近藤さんも

「プレゼン内容も、この研修も、
 完璧だと思う。目的性
 (個々のキャリア教育)以上の
 ものが達成されている。」

「理解度の深さが過去最高。
 社員研修を越えた研修。」

と生産側の満足度も高い研修
というのは本当にすごいこと。

さらに進化させよう。

・・・

話戻って
最大のポイントは
「自分の言葉」という部分。

技術革新により
Google先生などの
検索エンジンが発明。

おかげで
手に入れる情報の量が
昔に比べ圧倒的に増えた。

もちろん
とても素晴らしいことなのだが
一方で物足りなさを感じることがある。

その物足りなさとは・・・

・・・

「人から借りた言葉」で
話している人が増えたこと。

である。

自分で経験して
自分で反省から学んで
自分で感じたことから生み出される

「自分の言葉」

で話す人間は迫力が違う。

自分の言葉だから
自信に満ち溢れ説得力もある。

ツカラボ生よ。

そんな人間に育つのだぞ。

言葉の重みは
面接をすれば
一発で見抜ける。

自分の言葉で話せる人間は
自ら考え学べる人間だ。

だからこそ
座学のツカラボだけでなく
「体験ラボ」が生み出された。

エーピーに入社すれば

一次産業 → 農業
二次産業 → 加工
三次産業 → 店舗

全てが体験出来る。

我々は
この体験をまとめて

「一人六次産業」と呼ぶ。笑

この仕組みをもっと
広げることが出来たら

地域が一次産業に
興味のある若者が
増えるかもしれない。

農家さんのやりがいに
繋がるかもしれない。

この仕組をもっと
広げることが出来たら

学校よりも
価値のあるものを
アルバイトさんに提供
出来るかもしれない。

そんな日を夢見て
一歩一歩やっています。

頑張れ
ツカラボ生
負けるな
ツカラボ生!

写真:近藤さん誕生日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>