3779295

永遠の初心者であれ

1980年
ニューヨークはアメリカ有数の
犯罪都市になっていた。

みなさんが
ニューヨークの市長だとしたら
どのように犯罪を減らしますか?

・・・

普通であれば

・・・

警察を増やしますよね?

犯罪が多いんだから
犯罪を取り締まる警察を
増やせば犯罪が減るじゃん!

と思いますよね?

でも実は
警察をつくりすぎると
犯罪が増えるという
データがあるのです。

・・・

反抗期の頃
宿題をやれと言われたら
やりたくなくなったり

遊びすぎるなと言われると
遊びたくなったり

恋愛に置き換えると
束縛されると浮気をする
可能性が高くなる、笑

ということと一緒です。

・・・

人は強制すると
必ず反抗する。

ではどうすればよいのか?

結論から言うと

重犯罪だけではなく軽犯罪を
徹底的に取り締まることである。

例えばニューヨークは
1994年にルドルフさんが
「ゼロ・トレランス政策」を実行した。

落書き
未成年者の喫煙
無賃乗車、万引き、花火
爆竹、騒音、違法駐車など
「軽犯罪」の徹底的な取り締まり
などの施策を行った。

そして就任から5年間で
犯罪の認知件数は

殺人が 67,5%
強盗が 54,2%

減少し
治安が回復したのである。

また、
中心街も活気を取り戻し
住民や観光客が戻ってきた。

・・・

これを
「割れ窓理論」と呼ぶ。

割れ窓理論とは
次のような説である。
—————-
治安が悪化するまでには
次のような経過をたどる。

tishiki2

したがって、
治安を回復させるには、
一見無害であったり、
軽微な秩序違反行為でも取り締まる
(ごみはきちんと分類して捨てるなど)。
警察職員による徒歩パトロールや
交通違反の取り締まりを強化する。
地域社会は警察職員に協力し、
秩序の維持に努力する。
などを行えばよい。
—————–

東京ディズニーランドも
ささいな傷をおろそかにせず
ペンキの塗りなおし等の修繕を
惜しみなく夜間に頻繁に行うことで

従業員や来客のマナーを
向上させることに成功している。

これ
店でも全く一緒だよね?

俺の自論だけど
スタッフルームが汚い店は
間違いなく近いうちに問題が起きる。

日頃
目にした環境が
必ず現実に浮かび上がる。

キッチンが汚いお店
ホールが汚いお店

全く同じ。

僕が13年通っている
日本一好きなつけ麺屋さんは
13年ずーーーっと、
キッチン内がピカピカ。

スタッフもやめないし
売上も安定している。

店内がきれい過ぎて
トイレもきれい過ぎて

もはや
汚すのも申し訳なくなる位。

割れ窓理論と同じで
中途半端に綺麗なものは
人は汚してしまうけど、
ものすごく綺麗なものには
罪悪感が生まれるんだよね。

・・・

プロ野球選手が
よく泊まる旅館の女将は、

「チェックアウト後の部屋」
を見ればその日に打つか
打たないか分かるらしい。

ファーストクラスのトイレは
掃除の回数が多くないのに
とても綺麗らしい。

一流の人や
精神が安定している人は
自分で後始末が出来るんだね。

・・・

一流のお店にするために
まずは身の回りの環境を
整えておくことがすごく重要。

大きな事故に対する
対策ももちろん大事。

でも
軽微な減少を見逃さず
あらかじめ改善しておくことも
同じく大切。

ヒヤリハット(神細)を
あらかじめ消していこう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%88

初心者の気持ちで
お店を見つめていこう。

初心者は事故は起こさない。

事故を起こしやすいのは
慣れてきた人である。

事故はベテランが起こす。

お客様のために
仲間のために

そして
自分のために

「永遠の初心者であれ!」

写真:大好きなつけ麺屋のキッチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>