shinjitsunosyunkan

現行犯

店舗に
ご飯を食べに行ったり
シフトインをお願いされたりで
現場に行く時にいつも感じること。

それは

「社員が一番大切なところを見ていない」

ということです。

・・・

例えば
あなたが現場に入る時
何を一番大切にしていますか?

何を重要視して
チェックしていますか?

僕は
大切にしていることが
もちろん沢山ありますが
最重要だと思っている「瞬間」は
下記の通りです。

・・・

一口目を食べた瞬間
完食をしている瞬間
スタッフとお客様の会話の瞬間
お客様が帰る瞬間

・・・

です。

もちろん
お客様がストレスを感じていないか?
全お客様平等なサービスか?

などなど
他にも大切なことは
沢山ありますが

効率よく
お客様の満足度を
「確認できる瞬間」は
上記だと考えています。

今となっては
今までやっていた提供トークは
さほど重要だと感じていません。

食べる前に
提供トークをするより
効果的な方法があります。

例えば
一口食べて
お客様が「うまい」と呟いたり
お客様が頷いたりした時

「美味しいですか?」

といって
自然にお客様に入り込んで
もっと美味しくなるトークをすることが
ホールスタッフの役割だと思うのです。

そもそも
提供トーク分
食べるのが遅れてしまいます。

お客様の時間をいただくのなら
お客様のメリットのある情報を
提供しない限り時間泥棒です。

これらの
「真実の瞬間」を
見逃してしまう責任者は
お店を改善することはできません。

基本
現行犯逮捕以外
お店の質を高めることはないのです。

なので
営業中のリーダーの指摘の質が
お店の質を決めるわけです。

「いかに来ていただくか?」

を考え

キャッチに出ることは
とても大切なことです。

でも
それよりもっと重要なことは

「いかに帰っていただくか?」

です。

テレビに出て
沢山のお客様がご来店されても
お店の質が高くないと

穴の開いたバケツのように
水のようにお客様が流れてしまいます。

しっかりと

お客様にまた来ていただく
お客様に月一で来ていただく

そんな単純なことが大切なのに
意外とできないのです。

キャッチに出て
短期的な売上のアドバイスしかできない
上司はまず信頼しない方が良い。

なぜならばその人は
教えられた飲食店の常識しか
できない人だからです。

綺麗事に聞こえるけど
短期的な策で売上を一年間
上げ続けた人は存在しません。

継続的に
売上を上げ続けるのに
大切なことはなんなのか?

お客様は変化するので
考え続けなければいけない
永遠のテーマですね。

でも
僕が出している結論は

一ヶ月リピーターを
毎月150人創っていけば

売上が落ちることはない
ということです。

「現行犯」への2件のフィードバック

  1. 店長時代は自分がいなくなってもお店に来てくれるリピーターづくりを
    意識していました。
    サービス研修でやっていることをしっかりとできればリピになりそうです!
    あとはプラスの何かを考えなければですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>