jkt_exmachina_01

クオリア

この記事をみてください。

ai_journalist_01

・・・

実はこの記事

・・・

chukei-ai

・・・

こういうオチでした。

人間が
書いていないんですね。

ちなみにAIとは
「人工知能」のことで

歴史がまだ古くなく
進化のスピードが早いため
明確な定義はないのだそうな。

でも
みなさんなんとなくは
わかりますよね。

スマホの「Siri」
にも内蔵しています。

もし
わからない方がいたら
欠かせないキーワードなので
調べてみてくださいね。

・・・

こんな記事があります。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01HCT_R00C17A4CC1000/

人間のプロ将棋士が
AIに将棋で負けた記事。

みなさん
これを見てどう思います?

「やべえ」


思ったでしょうか?

僕は
ロポットとかAIなどに
それほど悲観的ではありません。

危機感を持って
努力せねばとは思いますが。

なぜ
悲観的ではないのかというと

とっくの昔から
そんなことは起きているからです。

例えば
100メートル走で
ボルトとロケットを勝負させますか?

見なくても圧勝なので
別に面白くありませんよね。

また
みなさんが
ハイパー急いでいる時
浅草とかにある人力車に
乗りますか?

乗りませんよね。

絶対に
タクシーを拾うはず。

リプレイと審判
どっちを信用しますか?

答えは明らかですね。

こんな感じで
技術革新による代替は
昔から行われています。

ただ
悲観的にならなくても

危機感を
持たなければいけない理由は
最近の技術革新の

「圧倒的なスピード」

によるものです。

今現在は
人間が働いた方が
コストが安いために

まだ
現実味がありませんが

これがひっくり返ったら
ネガティブな学者さんが
予測していることが現実に
なっていくでしょう。

S__41099266

では
どんな危機意識を持って
これから働ければ良いのでしょう?

そんな未来は
僕にもわかりませんが
勉強したことをシェアします。

・・・

AIは
とても得意なことがあります。

それは
ゴールが決まっていることに対して
高速で解決をしていくこと。

例えば
「将棋に強くなる」
というゴールに対して
高速で学ぶことができる。

目的を設定すれば
人間より早く達成できるんですね。

逆にAIに
苦手なことがあります。

それは

「ゴール自体を決めること」

AIは
目的を持つこと
問い自体を作ること
好奇心を持ち続けること

が苦手なのです。

目的目標や課題が
単純な場面ではなく

複雑な感性を発揮する場面で
人間はAIに真似できない能力が
あるということ。

こちらは
グーグル会長さんの記事

https://www.businessinsider.jp/post-34316

これにも繋がってきますね。

必要な能力は
グーグル的にいうと
「持続力」と「好奇心」
なのだそうです。

小説家の朝井リョウさんも
「AIに小説を書かせているのは人間」
「小説を書きたいとは思っていない」
とおっしゃっています。

「新たな問題を発見すること」

未知のものに対して
どれだけ興味を持てるか?

こんな
人間特有の「意志」的な部分が
代替される可能性が低いそう。

・・・

例えば人は

壮大な自然を見た時
芸術的な何かを見た時
落ち込んでいる時にもらった言葉

これらにどこか
愛しさと切なさと心強さを
感じる場面が誰でもあるでしょう。

こういった
複雑な感情を感じる機能を
「クオリア」と呼ぶらしい。

これは
クオリアという概念を持たずとも
人間ならば誰でも持っており

逆にどうすれば
人に感動(クオリア)を与えられるか?

を知っている。

なぜ人間が
クオリアを生み出せるかは不明らしいが
人間は不思議とクオリアを生み出せる。

ここが
当分の間代替されない
能力らしいのだ。

というかそもそも
人間もこれを解明できていない。

発揮されているかは別として

人を元気にする挨拶
緊張をほぐす微笑み
繊細な優しい気配り

こんな
微妙なニュアンスの表現も
人間特有のものであり

クオリアと呼べるもの。

逆にそれを
発揮しなければ
人間らしさを失っているということ。

だからね、
難しいことは置いておいて
いきなり結論なんだけども

お客様の
微妙な感情を読み取る感性

絶妙な間や空気で
お客様の心に入り込むスタッフ

こんな
クオリアだらけの店にすれば
変なレストランにも負けないよ
ってことだよね。

だからみんな

自分自身が
クオリアをたくさん感じて

クオリア=7つの人間力を
たくさん使いこなしていきましょうね。

お客様に
たくさんのクオリアを
感じてもらいましょう!

(参考:HBR)

「クオリア」への8件のフィードバック

  1. お客様にクオリアを感じてもらえるように、まず自分がいろんなところでクオリアを感じます!!!なので土日は大阪に行ってきます( *´꒳`* )

  2. そういえばエクスマキナみました!
    つまり人間が裏切られたということですよね、、?

    ソフトバンクが新卒採用にAIを導入したり…
    時代のスピードに追いつきます!

  3. 先日の研修でも感動しました。
    鹿児島生産者からも感動貰ったので今度共有します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>