320

メッセージ

※注意

映画「メッセージ」

見てない人は
読まないでください。

ネタバレになるのと
見ていないと全く理解不能
だと思います。

・・・

映画「メッセージ」

皆さんは見ましたか?

感想はどうでしたか?

考えさせられる
映画ではありましたが

僕個人的には
前回見た映画が
ワイルドスピードだったので
少し退屈をしてしまいました。

僕は
バラードのような映画は
あまり好きではありません。

ただ
単調な描写や
緩やかな物語ほど
考えさせる要素は多いし

人によって
解釈は異なるものです。

なので
終わった後の感想を聞くには
そういう映画の方が面白いです。

・・・

僕自身は
主人公の言語学者と
謎の生物ヘプタポッドの
対話のやりとりのシーンが
一番心に残っています。

言葉が伝わらない相手
=理解できない相手に対して
どんな対応をすれば良いのか?

こんなことを
考えさせれれました。

文化が違う
価値観が異なる
言葉が通じない
相性が合わない

などなど

コミュニケーションが
取りづらい相手に対して
どう向き合うか?

という点で
映画の中に沢山のヒントがあった。

まずは

寄り添う姿勢が必要なこと
それがないと何もはじまらないこと

相手の心を開くには
防護服を脱ぐこと、つまり
自己開示をすること

仲良くなるには
自分から近づくこと

絶対時間が増えると
お互いの共感度が増すこと

わかったふりは
通用しないということ

多少の時間や悩みが伴うこと

他の11カ国のように
言葉が通じない時点で不安になり
攻撃をしだすということ

不安から解釈すると
解釈が一方的になること

また
攻撃するしか選択肢がないこと

うまく会話ができないと
敵だと決め付けること

どの国も
家族は大切にしていること

家族を大切にするくらい
寄り添うことができれば
言葉の壁は乗り越えられること

などなどを
考えてながら見ていました。

・・・

果たして自分は
そんなことをできているだろうか?

面談をしている
他人の評価をするウチの幹部陣は

攻撃という選択肢を取っていないか?

わかったフリをしていないか?

会話ではなく対話をするには
向き合わなければ何も始まらない。

僕は感情的になるので
完璧にはできないにしても
自分を見直すいい機会になりました。

そして
「言葉が価値観をつくる」
「言葉が伝わる素晴らしさ」

映画から
こんなメッセージも
受け取りましたとさ。

おしまい。

「メッセージ」への7件のフィードバック

  1. 100%じゃないとしてもまずは相手を受け入れる仏のような心のゆとりが自分には必要です!
    いきなり攻撃にならないように注意します!

    しかも自分的にタイムリーな内容だったのでネタバレは悔しいですが読んで良かったです!笑

  2. 言葉って大事ですよね、
    自分の言葉に責任を持って動きます!

    美女と野獣が私は感動しました!

  3. 合わないのかな?と決めつけて、
    気にして一歩踏み出せず
    向き合わない時があるので、

    少しはうざくなろうと思います、

    いや、相手にもっと興味持とうと思いました!笑

      1. 自然に持つものですね…

        自分の心から開きます!
        相手を想うことを大事に生きます。

        ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>